躁鬱診断でしっかりと症状をチェック|理解してから治療しましょう

笑顔の女性

病気だと気づかない

病院

躁鬱病は、うつ病に比べてとても治療が難しく長期化する傾向にあります。また躁鬱病と診断することも難しいので、早めに診療内科などで、受診することが重要となっています。周りの人の協力を受けながら、治療していくことが有効的です。

View Detail...

治る病気でもあります

疲労

健康的な生活を望めます

精神的な病については、本人が自覚できていなかったり、周囲にも病気だと気づかれない場合もあります。躁鬱病などの場合にも、医師の診断が難しいケースなどがあります。医師によって躁鬱病の診断がされた場合には、お薬などを利用したりしながら、適切な処置をしていく事になります。お薬は、一種類に限らず、睡眠薬などが同時に処方される場合などもあります。お薬以外の方法と両方を組み合わせるケースも多くなっていますので、専門的な治療ができる病院を選択するのも大切なポイントになります。躁鬱病の場合には、両極を有しているため、大きな疲労感が本人を襲う事もあります。場合によっては、周囲への影響、仕事場での影響が出るケースが多くあります。最悪の場合には、自殺願望が出てしまう事などもありますので、適切な治療を実施する必要があります。適切な治療をしていく事で、健康的な精神状態に戻していく事ができます。ケースによっては、引きこもり状態になってしまったり、社会との関わりをもつのが難しくなる事などもあります。医師によって、躁鬱病と診断されれば、完治までの道のりを一緒に乗り越えていく事もできます。精神的な病気の場合には、周囲にも理解するのが難しいなどの側面があります。家族の協力が必要な場合も多いですが、病院で、家族と共に一緒にカウンセリングを受けるなどもできます。健康的な精神状態は、生活や仕事にも良い影響が出ます。家族や周囲の人たちにとっても、困難な状況を改善した生活や仕事などを可能にしてくれます。

複数の療法が存在します

躁鬱病の特徴としては、医師でも診断が難しい場合が多くある点があります。それは、患者や家族が病院を訪れるのは、鬱状態の場合が多いせいもあります。それにより、鬱病と診断されるケースが多いのも特徴の一つになります。鬱病と診断された10人に1人の割合で、躁鬱病の人がいる、という報告も出されています。躁鬱病の他の特徴としては、躁状態の期間が短い、あるいは、躁状態が、半年から1年に一回しか出ないなどの場合があるという事です。躁状態の場合には、本人にとっては、やる気が出ていると感じられて、病院を訪れる機会を逸してしまう事があります。家族も、鬱状態を深刻に捉える傾向があります。躁状態については、深刻な状態であると認識し難い要素もあります。そのために、躁鬱病としての診断も、難しくなる事があるという事です。唯、病院で躁鬱病と診断された場合には、専門的な治療方法などが複数あります。本人の思考する方法に変化を加えたり、家族が一緒に参加してカウンセリングを受ける方法などもあります。具体的には、心理教育と言われる療法は、本人と医師がマンツーマン形式で情報を共有しながら、病気への理解を深めるなどが行われます。家族が参加して、理解を深めていくなども行われる事があります。他にも、よく実施される療法として、認知行動療法が挙げられます。これは、躁鬱病患者本人がもつ、ネガティブな考え方を認識してもらい、行動に対する受け止め方を変え、気分を上昇させていく方法でもあります。躁鬱病は、決して治らない病気ではありませんので、診断を受けたら、適切な治療の下に、症状を改善していく事ができます。

発症から受診までの流れ

医者と看護師

躁鬱はうつ病とほとんど同じように見られるため、躁鬱でも最初はうつ病と診断されることがある。正しい診断が出来るようにするには家族を始め、周囲の人間のサポートが必要になってくる為、まずは周りが病気を理解してゆっくり治療に励むべきである。

View Detail...

ストレスが多い現代社会

女医

躁鬱病は双極性障害と呼ばれています。躁状態の出現の仕方で1型と2型に分けられています。発症する主な原因は過大なストレスによるもので、心身の状態がおかしくなっても診断に行かない人も多く、社会全体が心の病気を理解してその対策を立てることが大変に重要になってきます。

View Detail...